住宅ローンを見直して負担を軽減

住宅ローンを
見直してみる

目的別に住宅ローンを見直す

賢い返済をするためには、住宅ローン見直しというのも必要になると思います。住宅ローン見直しについては、目的別に見直し方法があるのでそれを記してみます。先ず、月々の返済額を減らしたいという場合。これは金利の低いところへ借り換えするか、返済期間を延ばすことで月々の返済額を減額する、返済額軽減型の繰上返済をする、これらのいずれかになります。ボーナス時の返済が辛くなったという場合は、返済方法を変更する、借り換えするということになります。完済までの総返済額を減らしたいという場合は、繰上返済をする、金利が低い商品へ借り換えるということになります。

 将来的に月々の返済額を減らしたい、金利上昇などで月々の返済額が上がるのが嫌という場合は、返済額軽減型で繰上返済をする、長期の固定金利へ借り換えるということになります。

それぞれ、自分がどんな返済方法を望むのか、どんなことが困るのかなどによって変わって来ますから自分に合ったものを選ぶのがいいと思います。尚、借り換えして得になるのは、金利差が1%以上、住宅ローン残高が1000万円以上、返済残り期間が10年以上という条件だと考えられていますが、必ずしも、この条件でないと得にならないということでもないそうです。

住宅ローン見直しの参考サイトリンク

フラット35審査甘い銀行は?年収基準!【自営業落ちた理由】
フラット35審査を徹底的に調査、比較しました!フラット35を借りたいあなたに審査の通るコツや、条件のいいおすすめ銀行など絶対お得な情報をご紹介します!住宅ローン選びはここで決まり!
www.jutakuloan35.com/


Copyright (C) 審査の甘い住宅ローン探し All Rights Reserved