住宅ローンの保証人の必要がない

住宅ローンの
保証人とは

保証人が必要な住宅ローン

 住宅ローンの保証人を必要とする金融機関と必要としない金融機関があります。必要とするところの場合、保証会社が保証するのが普通です。もしも、住宅ローンの保証人に家族など個人がなってくれるということでも保証会社の保証は必要になるんじゃなかったかなと思います。尚、住宅ローンの審査では金融機関の審査の後に保証会社が独自のチェックを行うと思いますが、保証会社の審査結果は金融機関の審査結果よりも優先されるという風に聞いたことがあります。

 余談ですが、保証会社を通す場合、ローンを返せなくなった時に保証会社が弁済してくれます。つまり、金融機関への借り入れはなくなるということです。しかし、ここで借金がなくなると誤解している方がいるらしいですが、それは違います。金融機関に対しての借金が保証会社に対してに変更されただけです。

その後は、保証会社に返済していくということになります。それから、始めにも記しましたが、この頃は保証人が必要ないというところも増えて来ました。保証会社が要らないということになると保証料が必要なくなるので、諸費用がとても少なくてすむと思います。保証料っていうのは諸費用として考えられるんですが、これが結構高いんです。何十万円もかかりますので、それが必要ないっていうのは利点と考えることも出来ます。

 

 

住宅ローン審査の関連リンク

住宅ローン審査落ちた?基準通らない!【審査甘い銀行は?】
住宅ローン審査に落ちた理由を分析し銀行を比較することで、審査基準のゆるい銀行や甘い金融機関を見つけることができます!住宅ローン審査に落ちてお悩みの方におすすめのランキングをご案内します!
www.jutakuloan-ochita.com/


Copyright (C) 審査の甘い住宅ローン探し All Rights Reserved